映画・テレビ

2019年12月 7日 (土)

映画「ルパン三世 the first」を観てきた。あのドラゴンクエスト映画でやらかした山崎貴監督だが、今回は結構面白かった。3D-CGの次元・五右衛門がかっこいいのと、峰不二子が藤田ニコルさん顔なのでそれだけでOK. 最後の銭形の部下のカリオストロインスパイアも。

同じく3D-CGのドラゴンクエスト ユア・ストーリーでやらかしてしまった山崎監督。なのでこれも観に行こうかどうか悩んだ、、、がさすがに2作続けて地雷はないだろうと観に行った。結論から言うと結構面白かった。

そもそもthe firstって一世てことだろう、、、ルパン三世一世って何?と思ったけど一応意味はあった。

20191207-133833

 

で、ストーリー(というかそんな都合いいわけないだろとか)や科学考証(マイクロブラックホールがあそこにあってなんでそうなってんだとか)は破綻してますが、勢いとCGの出来で魅せる!

特に次元と五右衛門はまさにかっこいいな。3Dにした意味がある。ルパンは微妙、、、銭形はまあいけてる。

不二子ちゃんは藤田ニコルさん(前々からファンですが、昨日の金スマみてさらにファンに)みたいだ。

ほっぺを膨らますのが可愛い。

レティシアがショートパンツなのが意味がないというか、、、普通に長いジーンズでよかったんじゃないかとか、、、

広瀬すずさんと藤原竜也さんはもうそのままで、目をつぶると顔が浮かぶ演技。

逆に吉田鋼太郎さんは声優に徹していた感じかな。

最後の銭形の部下たちのあれはなかなかよかった。カリオストロの城のインスパイア。

 

 

2019年12月 6日 (金)

体感 首都直下地震ウィーク パラレル東京 プロローグ・DAY1~DAY4 リアルタイムツイートをモーメントにまとめました。

なかなかショッキングな展開が続くドラマ、リアルタイムでTweetしたものをモーメントにしました。

 

Parallel_tokyo

 

2019年12月 1日 (日)

#NHKスペシャル シリーズ 体感 首都直下地震 プロローグ あなたは生きのびられるか リアルタイムツイートのまとめ

2019年11月24日 (日)

#NHKスペシャル もうすぐ始まる、”食の起源 第1集「ご飯」 ~健康長寿の敵か?味方か?~”。リアルタイムツイートのまとめ

今日見ていた番組をリアルタイムツイートしてみた。まとめて掲載します。

 

2019年11月23日 (土)

アナと雪の女王2(字幕版)を観てきた。前作観てなくてもオラフが30秒で解説???そして80年代AOR風のPVに爆笑した。エルサはもはやX-MENかアベンジャーズ。エンディングのPanic! At The Discoもすごいです。でも水に記憶は、、、

ポスターなどの宣伝商材がめちゃくちゃ多かった。吹き替え版ではなくて、イディナメンゼルの歌が聴きたかったので字幕版で。


20191123-123832 20191123-123836 20191123-123845 20191123-123853 20191123-123848


もう子供時代のアナとエルサがでない?と思ったらちゃんと最初に出てきます。


そして女王になったエルサに、自分だけにある声が聴こえる。その声に導かれる中で、


アレンディール王国が危機に襲われる。危機を救うため、そしてなぜ自分にこんな力が


授かったのかを知るため、エルサとアナ、オラフ、クリストフとスヴェンは霧に遮られた謎の森へと向かう、


というストーリー。


Into the unknownがとにかくすごい。イディナ・メンゼル本当に迫力のある歌声。


 


オラフはずっととばしまくり。30秒で前作のあらすじを自作自演する(笑)。いや誰も理解できんよ、あれは。


今回、一番笑ったのはLost in the Woods。


これはかなりの年齢の人じゃないと笑わんだろうが、私はずっと笑ってた。80年代ロックのPVそのものだ!


 


そしてエルサ。もう強すぎるというかかっこよすぎる。


最初の危機の両手でばっと防ぐシーン、ドラゴンボールのナメック星での気合での吹っ飛ばしシーンそのままだ!


そして手から冷凍光線を出しまくる。もはやアヴェンジャーズかX-MEN。


(前作でもエルサはプロフェッサーXの学校に行くべきという話があったなあ、、、)


 


最後なんかまさに(ヒロインじゃない)ヒーローだ!暴れん坊将軍かもしれないが。


アナもなんか人間の女優さんに思えてきて結構きわどくどきどきするシーンがあったぞ。


お話は過去の自分たち(の祖先)の過ちをどうただすか、という結構重いものですが、


きっちりまとまった感じ。


でも、、、ニセ科学でよく水に記憶があるというのがあるので、あの内容は、、、(まあ


ファンタジーだからいいんだけど、これを悪用するまた業者とか出てこないかと心配)。


ダム建設もそうだしな。


まあとにかく面白いのでお勧めですが、字幕版の人の入りが相当悪かった。


これは吹き替えをみんな見てるのかそれとも???


※オラフは最後でもやらかすのでエンドクレジット終わっても席を立たずに。


というかPanic! at the discoのInto the Unknownがすごすぎで立てないが。


 

2019年11月 9日 (土)

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」をIMAXで観てきた。想像していたより何倍も面白かった!しかも泣けるシーンもあり、アラジン実写版と同じく女性が強い。また仮面ライダーゼロワンのような人工知能に善意が宿るか、も。

ターミネーター映画は全作観ているのだが、正直1と2以外のストーリーは全く覚えていない。観たときはそれなりに面白かったはずなのに。。。

でこの2の正当な続編というニューフェイト(本当のタイトルはダークフェイトなんだけど何で邦題変えたのかな?ダークナイトと被ると思った?)。

年取ったシュワルツェネッガーを予告で観て、これもあんまりおもしろくなさそう、、、と思ったらびっくり!

めちゃくちゃ面白かった!

まず最初のあのシーンで度肝を抜かれる!え!そんなことしてこの後続けられるの!と。

どうやって撮っているかを見るとこうらしい。

https://jp.ign.com/terminator-dark-fate/39634/interview/

そして強化人間であるグレースももちろんかっこいい。

今回のターミネーター、REV-9も今までの集大成というか液体金属+内骨格の2つが独立に動くすごいもの。

何よりリンダ・ハミルトンが一番かっこいい。I'll be backも。

なぜシュワルツェネッガーが年取っていたのかも、ああ、そういうことか、とそれなりに納得。

仮面ライダーゼロワンの自我が芽生えたAIが良心、善意を持つことがあるか、の話と被りますね。

ちなみにI won't be backも出てきます。

あ、それと少佐はダイソンの息子だと思っていた。違った、、、

そしてなにより守られるべき存在のダニーが本当は、、、というシーン。

特に(ネタバレになるのであまり書かないですが)未来で皆が出てくるシーンになんか涙が止まらなかった。

1と2のオマージュのシーンもあり、また最後の決着もすごくいいんですが、そのあとのシーン、もめっちゃ泣けました。

(自動車すら最初乗れなかったのが変わるジープのシーン)。

アラジンの実写版でもそうですが、今どきの映画らしく女性が(物理的な意味だけではなく)強いです。

1と2が好きで、それ以降がイマイチの印象の方に特におすすめです。

 

※IMAXに飾ってあったオブジェともらったポスター。

20191109-144659 20191109-190636

 

2019年11月 2日 (土)

実年齢のウィル・スミスと若き日のウィル・スミスが戦う映画「ジェミニマン」を観てきた。仮面ライダーかと思った!でどうやって撮ったかというとキャプテン・マーベルのサミュエル・L・ジャクソンの上を行ったか!

何が仮面ライダーといって、あのバイクでのアクションシーン、バイク立てて、、、お!人型に変形するのかと思った。

変形しなかったが、、、かっこいいなあれ。

でも最後の方にまあ、仮面ライダーっぽいのが出てくる。(あれは別の人のクローンだと思ってた。違った!びっくり!)

でどうやって撮ったかというと、例えばキャプテンマーベルでも若くするCGがあった。

https://theriver.jp/cmarvel-fury-deaged/

で、今回も2役やって、一方をCGで若返らせたんだと思っていたら、、、

https://screenonline.jp/_ct/17312342

え!100%CGなの!

もう俳優のいらない世界になったか、、、

お話はまあ予測できる話なんでそれはそれとして、アクションとCGはやはりすごかった。

AMFがAdios, Mother F*ckerだとは知らなんだ、、、

20191102-135133

 

2019年10月22日 (火)

映画「スペシャルアクターズ」を観てきた。カメラを止めるな!の上田慎一郎さん監督作品。これも大どんでん返しがあって、絶対ネタバレだめなやつ!想像以上に面白かった!

「カメラを止めるな!」が爆発的に面白かったので、そうとう上田監督もプレッシャーだったと思いますがこれもまた違った面白さで期待を裏切らない。でも途中までは面白いけどカメ止めにはだいぶ落ちる?、、、と思ってたら1回目のあれでおおっ!と思って最後の最後のあれで、あーそうかー、やられたー、と思った。

特に伏線?になっているレスキューマンが効いてる。

あらすじは、全く売れない役者の和人は、過去のあるトラウマから緊張すると、特に男に責め立てられると気絶する体質。

カウンセリングにも通っているが全く改善されない。そんな折、長らくあっていなかった弟、宏樹に出会う。(ちょっと綾野剛さん似)

宏樹も役者をしているが、少し変わったことをしているという。

それは演じることを使って依頼者の悩みを解決する仕事で、その事務所がスペシャルアクターズ。

少しずつその仕事に慣れていく和人に、ある旅館が怪しいカルト宗教団体に乗っ取られるのを阻止する仕事が舞い込む。

一体和人たちは旅館を取り戻すことができるのか、、、

というもの。

とにかく前作から各段に機材が良くなってるのが分かる(そこは普通の映画の映像と音響になってる)。

でも役者さんも前作同様、ほぼ全員無名の方々ばかりでそこはこだわりがあるんでしょうね。

でタイトルにも書きましたが、2回ほどどんでん返しの部分があって、1回目は、これどうすんだ!と

ものすごく心配になり、そして最後の最後の2回目でもびっくり(まあ最初に起業して、、、というのが伏線というかわかる人にはわかったか)

これもネタバレされる前に観たほうがいいです。面白かった。

20191021-145751 20191021-125518

 

2019年10月19日 (土)

映画「ガリーボーイ」を観てきた。観ている最中、ずっとラップで自然と体が動いてしまう映画でした。しかしなぜおまけのシールがレインボーマン?

インドでターバンを巻いて戦うからレインボーマン?(みうらじゅんさん作シールでした)。

20191019-194419 20191019-135116

まあそれはそれとして面白かった!途中まで主人公の家庭の人間関係が全然わからなかったけど、、、(インドではあれが普通?)

わかってからは実の親父は本当に嫌な奴だな!と思ってましたが最後には、、、というので非常によかった。

人生でこんなにラップたくさん聞いたのは初めてですが、どれも体が自然に動くようにずっとノリノリで聴いていた。

しかし主人公の彼女が強い強い。すぐ人を殴る。が、母親もインドの?しきたりで自分の好きなことができなかったのの反映として書かれているのだろう。主人公と親父の関係も一緒。

しかし実在のラッパーNaezyの半生を描く、という話だけれどさすがに車泥棒と落書きは、、、犯罪をそのまま描くとはないよね?

あとSky役の女優さんがかわいかった。

この曲もいいです。↓

ところで始まる前にいっぱい宣伝が入って、エンドロールの途中で曲が切れたのにびっくりした!

あれはいいのか?

2019年10月14日 (月)

映画「蜜蜂と遠雷」を観た。よかった!原作を読んだ時も言葉で音楽が表現されてる、と思ったが本当に音楽があるとそれ以上の感動がある。 楽譜が電子ペーパーだったり書き込まれた紙だったりも。

原作読んだ時もすごいと思ったけれど、やはり音楽が付くとさらにすごくなる。

特に春と修羅のカデンツァの4人4様の曲(楽譜も電子ペーパーだったり描きこまれた紙だったり、ピアノも奏者によって違う)がよかったー。

原作と4人はぴったり重なると思いましたね。特に新人の風間塵役の鈴鹿央士くんが天真爛漫な感じで。俺はガンダムで行く!で世界に飛び出した赤崎ウィンくんも貴公子ぽくていいし、松坂桃李くんも顔のアップとかだけの芝居も多く、ものすごく感情移入できる(この中では立場的に自分に近いし、、、)。

何より松岡茉優さんがよかったー。最後の方の松坂くんとの会話で泣きそうになる。

(ブルゾンちえみさんも、あの役か!というものすごくいい役で出てます)

平田満さんの役もめちゃくちゃいい。あと、、、謎の片桐はいりさんも。

原作とちょっと違うのは、母親の役割とプロコフィエフの2番と3番が入れ替わり、とか爆弾がない(おそらく自粛)などで、テンポが良くなるように切られている部分もあるが気にならない。

入れ替わっているのはこちら参照。

https://keiho31.com/mitubati-to-enrai-prokofev-3361

 

確かに映像化だとこっちのほうが盛り上がるかも?

とにかくよかったので、原作読んだ人も読んでない人にもおすすめです。

原作を読んだ時の感想がこちら。

蜂蜜と遠雷”(恩田陸さん)をようやく読んだ。これはすごいですわ、、、小説で音楽が表現されてる。

 

20191013-135758

 

より以前の記事一覧

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ